JAのこと

概要

 あしきた農業協同組合(JAあしきた)は、熊本県の南端に位置し、葦北郡芦北町・津奈木町、水俣市の1市2町をエリアとするJAです。

 国道3号線・鹿児島本線(現在は肥薩おれんじ鉄道)と、南北九州を縦断する交通の要所でしたが、現在は九州新幹線が山間部を縦断、八代市から南に南九州自動車道の整備が進んでいます。

 管内は平地が少なく、入り江の多い不知火海は、リアス式の丘陵地帯が海岸線まで接近しています。温暖な気候と、この傾斜地を利用した果樹栽培が盛ん。特に中晩柑を代表する甘夏は、まるたの甘夏と呼ばれ、日本一の生産量を誇ります。そして、ユニークな形と、甘さが特徴のデコポン。まるたブランド確立を目指し、平成3年に初売りされ、今では主力農産物となりました。他にも、タマネギ特有の辛味が少ない「サラたまちゃん」や「あしきた牛」、稲作、花、茶などの生産が盛んです。また、近年では柿「太秋」の振興に力を入れています。

 6次産業化による加工品開発にも力を入れており、特産品の甘夏・デコポンを使用したゼリーやサラたまちゃんを使用したドレッシングなど大人気です。

 当JAでは"未来をみつめるJAあしきた"という理念を掲げ、様々な取り組みを行っています。学校給食への農産物・加工品の提供、郷土料理学習会などの食育活動。朝市やファーマーズマーケットでの農産物販売。年金・法律相談会や高齢者への訪問介護事業。清掃活動や野球大会など地域行事への参加。趣味の教室やサークルを通じた女性部の活動など、その範囲は多彩です。
 人生のシーンをともに支えあうことが、全ての組合員とJAあしきたの、そして何よりもふるさとの未来につながると考えています。

名称

 あしきた農業協同組合

代表

代表理事組合長
千々岩 巧

 JAあしきたのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
 令和2年7月の豪雨災害で亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

 私たちJAあしきたは「小さなJAの大きな挑戦」をスローガンに掲げ、「相互扶助」の精神を基本に、管内農業振興と組合員のみなさまの暮らしを支える総合事業を展開しております。
 営農企画や指導販売、アグリサポート、生産資材の供給、そして営農資金の融資など、これらの支援は「農家所得の増大」と「地域の活性化」を最大の目標として取り組んでおります。併せて農産物直売所「道の駅芦北でこぽん」をはじめ、葬祭場、ガソリンスタンド、コンビニなどを経営し組合員のニーズに応えるとともに、共済事業ではひと・いえ・くるまの総合保障を展開し、組合員が安心して暮らせる地域社会づくりを目指しております。

 管内農産物につきましてはいずれも高い評価を受けており、特に「デコポン」「甘夏」につきましては、日本一の品質を誇るマルタブランドとして市場で取引されております。
 「サラたまちゃん」は熊本型特別栽培農産物(有作くん)の認証を受け、生産者全員が熊本県知事から認定を受けたエコファーマーとして減化学肥料・減農薬に取り組み、辛みがなく1月から生で食べられるサラダタマネギとして全国で人気を集めております。
 「あしきた牛」は伝統ある肥育技術によりA5等級銘柄の黒毛和牛を数多く生産し、共励会等でも常に入賞を果たし、熊本県産プレミアム「和王」として販売しております。
 「みなまた茶」は温暖な気候を活かして七十七夜で茶摘みを始め、「早出しの産地」として品評会でも上位入賞を果たしております。
 「太秋」は食べた時のサクサクとした食感が素晴らしい甘柿でございます。生産者は熱意を持って生産に励み、ジョイント栽培による生産省力化にも努めております。
 これらの農産物はみな、熊本県を代表する農産物であると確信しており、今後に期待ができる農産物でございます。今後も温暖な気候を活かしながら、早出しのたけのこや一寸そら豆の産地化を目指し、更なる農業所得の増大に繋げてまいります。

 一方、次世代を担う子供たちへ食と農業と自然環境の大切さを伝えるため、「食農教育」として年4回の親子ふれあい農園を実施しており、また若い農業者に対しては「あしきた未来塾」を開いて、先進地視察研修や儲かるためのミニ講演会を実施しております。これからも「農業をしてみたい」という方を大切にしながら、一人でも多く積極的に受け入れ支援をし、地域の活性化に結び付けたいと考えております。

 農業を取り巻く環境は依然として厳しいものがございますが、今後も地域になくてはならない組織として組合員の皆様の負託に応えられるよう、役職員一丸となって努力を重ねてまいりますので、ご理解とご協力ご参加をよろしくお願いいたします。

役員一覧

代表理事組合長 千々岩 巧
代表理事常務 宮島 博美
白坂 主税
監事 中田 末喜

本店所在地

 〒869-5441
 熊本県葦北郡芦北町大字佐敷424
 TEL:0966-82-2515 FAX:0966-82-2673

組合員数(令和元年度末)

(単位:人)
正組合員 個人 3,725
法人 農事組合法人 5
その他の法人 17
准組合員 個人 7,081
その他の団体 15
合計 10,843

総代数(令和元年度末)

547人

役職員数(令和元年度末)

(単位:人)
  常勤 非常勤 合計
役員 理事 3 24 27
監事 1 5 6
(単位:人)
  合計
職員 参事 2
一般職員 148
営農指導員 13
生活指導員 3
嘱託職員 29
常用的臨時雇用者 91
合計 286

主な事業量(令和元年度末)

出資金 17億4,697万円
貯金 493.7億円
貸出金 84.6億円
購買品供給高 24.7億円
販売品取扱高 36.0億円
長期共済保有高 1633.0億円

ディスクロージャー

あしきた農業協同組合 行動計画

個人情報保護方針について

水田フル活用ビジョンの公表について

 水俣芦北地域農業再生協議会では、特色のある魅力的な産品の産地を創造するため、作物生産の設計図となる「水田フル活用ビジョン」を別添ファイルのとおり作成しましたので公表いたします。令和元年度の「水田フル活用ビジョン」では、水田における作物ごとの取組方針、作付予定面積を明らかにし、地域全体で共有することで特色ある産地づくりに向けた取組を更に推進することを目的としています。

労働施策総合推進法に基づく中途採用比率の公表