みなまた茶

県内一の早出し茶、最大標高600m
香り高いお茶を是非ご賞味ください!!

 「みなまた茶」は温暖な気候に恵まれ、三方は山に囲まれ、一方は不知火海を望む自然豊かな場所で作られます。

 山間部の茶園は最大標高600m。ゆっくりと時間をかけて美味しく育ち、香り高く、味わい深いお茶が生産されます。

 早場地帯では4月10日頃より茶摘みが始まり、主に立春から七十七夜で茶摘みをおこない、色が良く、まろやかなお茶を生産しています。

 JAあしきたでは平成25年10月に荒茶加工から仕上加工までが可能な『みなまた茶加工センター』を新設、最新の機械を導入し、生産者の省力化を図るとともに、独自のブレンドによる仕上げ茶販売を行うなど、昭和初期から始まった90年もの歴史ある「みなまた茶」の普及・発展に力を入れています

レシピ

  • 該当する記事が見つかりませんでした。