ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

17.12.04

JAあしきた柑橘園地品評会を開催

 JAあしきた果樹部会は11月22日に柑橘の園地品評会を開き、甘夏8園地、露地不知火6園地計14園地が出品しました。生産者相互の切磋琢磨により、果実の生産技術と品質向上を図り、果樹産地としての更なる発展と水俣・芦北果樹産業及び地域の振興を目的としています。

 甘夏・露地不知火の2部門を果樹部会役員やJA指導員ら9名が審査。

(1)園地の植栽状況と管理状況(2)果実肥大(3)果実の外観等の5項目計100満点で審査を行いました。

 審査委員長の竹林鉄也部会長は「2017年産は干ばつの影響を受け、やや小玉傾向にあったがその後の天候回復もあり、順調に収穫を迎えた。今後は、生産管理の徹底・生産意欲向上に努め、将来を見据えた水俣・芦北の果樹振興について、行政と連携を図りながら経営安定を目指す」と話しました。

 各金賞は下記の通り。表彰は平成29年12月5日の中晩柑生産者大会で行います。
 ▽露地不知火の部=中村伸治(湯浦支部) ▽甘夏の部=諌山光昭(津奈木支部)

 
 
 


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場