ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

17.09.07

身をもって体験し、仕事の大変さ学ぶ/津奈木中学校職場体験

 津奈木町立津奈木中学校の2年生が9月6日から3日間、JAあしきた津奈木ふれあいの店や農家で職場体験を行いました。同JAは働くことの意義や職業に対する意識を高めることを目的に、地元中学生を毎年受け入れています。

 津奈木ふれあいの店では商品陳列や商品の袋詰めなどを体験しました。また、農家ではJA非常勤理事の本山真吾さんの果樹園地で無加温デコポン(不知火)の玉つり作業を体験し、本山さんは「果樹農家も高齢化が進む中でこういった中学生が将来、農業に就いてくれれば」と話しました。

 農作業を体験した生徒たちは「最初は楽しい作業だと思ったが、後からは体力的にきつくて仕事の大変さがわかった」「おいしいデコポンが収穫できたら嬉しい」と3日間を振り返りました。

 
 
 


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場