ホーム > JAの概要

JAの概要

概要

 あしきた農業協同組合(JAあしきた)は、熊本県の南端に位置し、葦北郡芦北町・津奈木町、水俣市の1市2町をエリアとするJAです。

 国道3号線・鹿児島本線(現在は肥後オレンジ鉄道)と、南北九州を縦断する交通の要所でしたが、現在は九州新幹線が山間部を縦断、八代市から南に南九州自動車道の整備が進んでいます。

 管内は平地が少なく、入り江の多い不知火湾は、リアス式の丘陵地帯が海岸線まで接近しています。温暖な気候と、この傾斜地を利用した果樹栽培が盛ん。特に中晩柑を代表する甘夏は、まるたの甘夏と呼ばれ、日本一の生産量を誇ります。そして、ユニークな形と、甘さが特徴のデコポン。まるたブランド確立を目指し、平成3年に初売りされ、今では主力農産物となりました。他にも、タマネギ特有の辛味が少ない「サラたまちゃん」や「あしきた牛」、稲作、花、茶などの生産が盛んです。また、近年では柿「太秋」の振興に力を入れています。
 加工品開発にも力を入れており、「食のオリンピック」といわれる2012年度モンドセレクションでは、特産の「サラたまちゃん」と銘柄米「ヒノヒカリ」を原料に作った「サラたまちゃん焼酎」がみごとに金賞を受賞しました。



 当JAでは“未来をみつめるJAあしきた”という理念を掲げ、様々な取り組みを行っています。学校給食への農産物・加工品の提供、郷土料理学習会などの食育活動。朝市やファーマーズマーケットでの農産物販売。年金・法律相談会や高齢者への訪問介護事業。清掃活動や野球大会など地域行事への参加。趣味の教室やサークルを通じた女性部の活動など、その範囲は多彩です。

 人生のシーンをともに支えあうことが、全ての組合員とJAあしきたの、そして何よりもふるさとに未来につながると考えています。


名称

 あしきた農業協同組合



本店所在地

 熊本県葦北郡芦北町大字佐敷424
 TEL:0966-82-2515 FAX:0966-82-2673


組合員数(平成27年度末)

正組合員数 4,190人
准組合員数 6,425人
合計 10,615人

総代数(平成27年度末)

 547人


役職員数(平成27年度末)

 役員:常勤理事3人 非常勤理事24人 常勤監事1人 非常勤監事5人
 職員:正職員 163人(男91人・女72人)・常用的臨時雇用者 85人(男33人・女52人)



主な事業量(平成27年度末)

出資金 16億9,486万円
貯金 511億9,522万円
貸出金 96億134万円
購買品供給高 25億5,529万円
販売品取扱高 34億4,380万円
長期共済保有高 1,745億350万円

個人情報保護について

個人情報保護方針(137KB)
情報セキュリティ基本方針(122KB)
個人情報保護法に基づく公表事項等(153KB)



ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(もしもの時の連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場